RINRINとピュウベッロのエステとしての光脱毛の比較

レーザー脱毛は痛くても、光脱毛はそれほど痛くないという声を聞きます。
レーザーより光の方が出力をかけてないため効率や効果はゆっくりでも、施術をされる側が痛み軽減となり安全なので、いろいろなエステで光脱毛という施術をおこなっています。
RINRINとエターナルラビリンスも、そんなエステサロンの一つです。
まず、RINRINの方ですが、スタッフの90%以上が社員で店の内装や広告にお金をかけず、利用者にできるだけ安く施術してもらえるように努めています。利用者が困る強引な勧誘もなく、入会金なども必要ないという、いたって明瞭な会計です。
これは、利用する側にとっては費用面は気になるところですから、こういった料金なのは安心できて嬉しいです。
全スタッフが認定テストに合格したエステティシャンであり、全国に54店舗を展開しているので引っ越ししても安心できます。
次に、エターナルラビリンスですが、利用者をおもてなしするということを大切にしており、リネン類は高級ホテルと同じようなものを使い、衛生面を考えて一回使い切りの使用にしています。
綺麗な肌を得るためにサロンを利用するのですから、こういったことに配慮してもらえるというのは安心できて、嬉しいです。
施術のクオリティを髙く維持するために代表取締役が月に一度、各店舗のチェックに入るのが素晴らしいです。こうして利用者に高い満足感を得てもらうことを重要視して、新店舗の出店を制限・厳選しているのです。
こうして二つのサロンを比較すると、様々な点で違いがあることがわかります。各サロンの良さを知って、気持ちよく利用したいです。

自然でおすすめのウィッグ

RINRINとエターナルラビリンスの光脱毛 エステを比較しよう

レーザー脱毛は痛くても、光脱毛はそれほど痛くないという声を聞きます。
レーザーより光の方が出力をかけてないため効率や効果はゆっくりでも、施術をされる側が痛み軽減となり安全なので、いろいろなエステで光脱毛という施術をおこなっています。
RINRINとエターナルラビリンスも、そんなエステサロンの一つです。
まず、RINRINの方ですが、スタッフの90%以上が社員で店の内装や広告にお金をかけず、利用者にできるだけ安く施術してもらえるように努めています。利用者が困る強引な勧誘もなく、入会金なども必要ないという、いたって明瞭な会計です。
これは、利用する側にとっては費用面は気になるところですから、こういった料金なのは安心できて嬉しいです。
全スタッフが認定テストに合格したエステティシャンであり、全国に54店舗を展開しているので引っ越ししても安心できます。
次に、エターナルラビリンスですが、利用者をおもてなしするということを大切にしており、リネン類は高級ホテルと同じようなものを使い、衛生面を考えて一回使い切りの使用にしています。
綺麗な肌を得るためにサロンを利用するのですから、こういったことに配慮してもらえるというのは安心できて、嬉しいです。
施術のクオリティを髙く維持するために代表取締役が月に一度、各店舗のチェックに入るのが素晴らしいです。こうして利用者に高い満足感を得てもらうことを重要視して、新店舗の出店を制限・厳選しているのです。
こうして二つのサロンを比較すると、様々な点で違いがあることがわかります。各サロンの良さを知って、気持ちよく利用したいです。

光脱毛エステ RINRINとTOKYOBDCを比較してみる

光脱毛は、いまの脱毛エステサロンで行われている脱毛方法の主流となるものですが、
痛みがほとんどないという最大の特長があります。
痛くないので、今までほかの脱毛方法で挫折してしまった方でも、安心してチャレンジすることができます。
やはり定期的に通うとなると、痛みがないというのは大きいですね。

さて、いろいろなサロンで行われている光脱毛ですが、
その中でも口コミ人気の高い、TOKYOBDCとRINRINの2つを比較してみたいと思います。

まず、TOKYOBDCですが、こちらのサロンは2013年5月にRAYVISという名前で
リニューアルオープンしました。
リニューアルしたところはどこでも大体そうなのですが、キャンペーンをしているところが多く、
お得なプランがたくさんあります。
なので、体験するなら今がチャンスです。わき脱毛も、両ワキ完了コースで1000円と破格プランがありますし、
まだ光脱毛をしたことのない方にはぜひ試していただきたいですね。

そしてRINRINですが、こちらは全国54店舗、10年間で閉店した店舗もありませんし、
90%以上が社員、そしてスタッフの指名システムもあるのですが、指名料金もかかりません。
また、定番コース、満足コース、完了コースと3つにコースが分かれていて、
それぞれ1年で4回、2年で8回、3年で14回+満足サポートという構成になっています。
毛の生え方などは個人差がありますし、仕上がりの希望にも合わせてコースを選択することができます。

光脱毛のエステ、エピレとレリエフとの比較

色々な脱毛エステが全国に存在しますが、その中でもエピレは人気が高いです。今回はレリエフとの比較をしてみます。
まずエピレの基本方針について触れてみますが、10のお約束と銘打った10個の安心保証が売りになっています。パーツごとの明細料金明確化、ドクターサポートの万全制、痛み無し、無理な勧誘無し、マシンの安全性、入会金無し、途中での店舗移動OK、コースジェル代金無し、などがあります。また初めての方には期限無し保証と全額返金保証と、うれしい保証も付いてきます。
一番重要な部分である脱毛方法ですが黒い部分に吸収される波長の光を利用して、毛のメラニン色素に反応させて処理する光脱毛法です。技術的にもクオリティーが高いので安心して施術を受ける事が出来ます。
これに対しレリエフですが、こちらもパーツごとの料金が明確になっている事や無理な勧誘が無い所など共通していますが、脱毛方法が根本的に違います。こちらはS.S.C.方式(スチームスキンコントロール方式)と呼ばれる方式を用いており、肌に専用のジェルを塗ってからっその上からクリプトンの光を当てると、ジェルの中の成分が脱毛効果を促進させる作用により脱毛を行うというスタイルの光脱毛です。この方法ですと一時的に効果は持続しますが、永久脱毛の効果は期待出来ません。イタリアの会社が日本向けに開発した技術なので、その技術力にはクオリティーの高さは感じます。
どちらを選ぶか、あるいはこの二つを含めてどこを選ぶかは、勿論個人の意思に任されてはいますが。

光脱毛のエピレとジェイエステティックを比較してエステサロンを決める

エピレとジェイエステティックの大きな違いは使用される機械にあります。どちらも光脱毛ですが、使われる機械がまったく違うのです。エピレでは専用のジェルを塗って機械を当てるだけで施術が終わります。エピレで使用されている機械は、黒い部分に吸収される波長の光を利用して、毛のメラニン色素に反応させて処理する方法です。数回施術を受けることで毛の成長力を減らしていくことができるので、毛を減らしていくことができます。一方ジェイエステティックで受ける事ができる脱毛は、冷光ヒアルロン酸進化脱毛です。この場合、ジェルを塗る必要がなく施術を受ける事ができます。ジェルはべたべたと不快なうえに、ジェルを塗る手間までかかってしまいます。それを省くことでよりスピーディな施術が可能になるのです。そして熱くなく痛みを感じないというところも違いとしてあげられます。独自で開発した冷光マシンを使用しているので、温度がひと肌程度で肌に優しい脱毛法です。脱毛効果があると同時に肌の引き締め効果も期待することができます。使用される機械は違いますが、施術を受ける頻度は毛の周期に合わせて二か月から三か月に一回です。このように使用される機械の種類が違いますので、比較して決める事で納得して脱毛を行うことができます。ジェイエステティックでは光脱毛をワンショットだけ体験することができます。光脱毛を体験することで安心して脱毛をはじめることができます。

光脱毛のエピレとTBCを比較してエステサロンを決める

エピレはTBCがプロデュースした脱毛サロンです。エピレで受ける事ができる脱毛方法は光脱毛のみです。エピレで脱毛する場合は二か月に一回施術を受けるためにエステサロンに通うことになります。そして一回の施術で脱毛は完了しません。施術を受けるごとに毛が薄くなったりなど効果を感じる事ができます。毛の周期に合わせて二か月に一回施術を受けることになるのです。一方TBCでは光脱毛だけでなく、ニードル脱毛や光脱毛とニードル脱毛を組み合わせた脱毛を受けることができます。完璧な脱毛を希望するひとはニードル脱毛をすることで毛を完全に生やさなくすることができます。ニードル脱毛は唯一永久脱毛と言われる脱毛方法です。ニードルを毛穴に挿入して電流を流すことで毛根部を破壊し、毛の再生をさせなくすることができます。一度施術した箇所は、二度と毛が生えてきませんので、短時間で毛をなくすことができるのです。そしてニードル脱毛のみで脱毛する以外にも光を使った脱毛とニードル脱毛を組み合わせた脱毛を受けることができます。濃く目立つ毛をニードル脱毛して完全に毛をなくし、残りの毛を光で脱毛することで料金的に安く脱毛をすることができるのです。いろいろな脱毛方法がありますので、エステサロンで受けることができる脱毛方法を比較して利用するエステサロンを選ぶことができます。施術の効果と料金を比較して決める事で満足のいく脱毛を行うことができます。

エステでの光脱毛…『エピレ』と『ピュウベッロ』の比較

脱毛というと、痛みがあり、不快なイメージがありますが、エステティックで施術されている光脱毛は、技術の発達により最近では痛みもほとんどないものとなっています。数あるサロンの中でも『エピレ』と『ピュウベッロ』を比較してみても、どちらもニードル(電気針)のように毛穴に直接針を差し込んで電気を流したり、レーザーを当てることで感じる不快な痛みなどはほとんどなく、快適に脱毛することができるということについては大きな差はありません。また、ワキの脱毛にかかる時間についてはどちらも一回当たり10分から15分程度とこれも大差はありません。
『ピュウベッロ』はVIOラインの脱毛には定評があります。また、料金もワンショット500円のお試しプランもあります。他のサロンにあるような通い放題などのプランはありませんが、どの部位も1回分の値段としては決して価格が高いということはなく、むしろ良心的な値段であると言えます。
『エピレ』は大手エステティックサロンのTBCが母体となっていて、ドクターサポートがあることもあり、安心感があります。また、ワキの脱毛などは低価格の通い放題のプランなどもあります。また、店舗間の移動ができるというのが、とても便利で、魅力の一つとなっています。また、エステには珍しく「キッズ脱毛」のコースがあり、ムダ毛に悩むお子様にも安心して通ってもらえるプランがあります。光脱毛で痛みが少ないからこそできるサービスでもあります。

 

「エピレ」と「エターナルラビリンス」 光脱毛エステ店の比較

近年、大きな人気を持っている光脱毛を行っているエステ店舗を2つ紹介しています。

①エターナルラビリンス
会員総計数10万人以上という、多くの方から支持を受けている店舗です。コースプランは完全回数制度で行っている為、期限を設けることなく、いつでも施術することが出来ます。休みが不定期な方や、未定な日程が多い方なども安心して通うことが可能です。返金制度や医療機関の提携なども設けており、安全面にも考慮してあります。また、様々なプランやコースが盛り込まれており、上手く活用することで金額的コストも軽減させることが出来ます。

②エピレ
顧客からの声を反映させて、造られた最新の店舗です。親元の企業の脱毛データを参考にして、日本人女性の肌に合ったオリジナルの機器を開発し、使用しています。研修修了の知識豊富なスタッフを厳選し、リラックスした状態で施術を売ることが出来る環境は配慮をしています。実績のあるデータによる、最適な脱毛コースをご提案し、納得のいく施術をよりリーズナブルな価格で受けることが出来ます。

上記の2店舗を比較すると、共に多くの方々から絶大な支持を受けている話題性の溢れる店舗であると言えます。安全面は、どちらも考慮されているので、それぞれの生活環境に合わせて選択してみると良いでしょう。休みが不定期な方や、スケジュールが組みにくい方などは、回数性であるエターナルラビリンス、時間的余裕があり、データからはじき出される自分に合った最適な施術を受けたい方なら、エピレをおススメします。

いずれにせよ、スタッフに相談し、納得のいく施術を受けて下さい。

 

 

光脱毛エステ TOKYOBDC とエピレを比較してみる

脱毛を外部で使用と思った時に、大きく分けるとエステと美容クリニックに分かれます。
エステの場合はほとんどが光脱毛という方式で施術を行うのですが、
特殊な光を照射するだけで脱毛効果があり、何度か続けているうちに毛が薄くなっていくというものです。
これは痛みがほとんどないので、初心者でも安心ですし、医療レーザーで挫折してしまった方でも大丈夫です。

色々なエステサロンがあるのですが、その中でも人気のあるエピレとTOKYOBDC を比較してみたいと思います。

まずはエピレですが、こちらは大手のTBCの系列店なので、システムがとてもしっかりしています。
スタッフの研修もきちんとされているので、どこの店舗でも安定したサービスを受けることができると好評です。
エピレの場合は、ハイジニーナ、お顔などのコースはあるのですが、そのほかはプランとしてではなく、
回数での割引になります。
本当に脱毛したいところだけ頼むことができます。

次にTOKYOBDC ですが、こちらのサロンは2013年5月にRAYVISとう名前に変わって
リニューアルオープンしています。
新しいところというのは、どこでもそうなのですがキャンペーンをしていてそれがとてもお得だったりするんですよね。
まだオープンキャンペーン中なので、ワキ脱毛が1000円だったり、お得なコースがたくさんです。
脱毛プランを組むなら今がおすすめかもしれません。

どこのサロンにするか選ぶときには、まずは店舗に一度いってみて体験することが1番ですね。

光脱毛エステを比較するとエピレ、RINRIN編

今注目されている光脱毛ですが、数多くのエステサロンがサービスを行っている上に、料金プランも多種多様なので初めての方にとっては、どのエステサロンに行けば良いのかわかりにくくなっています。今回は、光脱毛で有名なエピレとRINRINを比較してみました。
サロンによっては、強引な勧誘を行ったり、施術に長い時間が掛かったり、安全性に掛けるサロンがあることも確かです。エピレなら脱毛料金は表示料金のみで、個人の毛質や毛量によって料金が変わることは無く、日本人女性の肌にあわせて独自に開発した専用の機器を使用し、利用者へのサポートは万全です。
一方RINRINはそのリーズナブルな料金プランが売りです。こちらも国産の日本人の肌にあわせた機器を使用しており、安全性への配慮も欠かしていません。
エピレのサービスは、2ヵ月で成長し抜け落ちる毛の毛周期にあわせて2カ月間隔で通うことによって、効率的に脱毛することができ、さらにその施術に掛かる時間も、部位にも寄りますが例えばワキならば一回10分で終わる早さで身体にもスケジュールにも掛かる負担も少ないので、忙しい方にも通いやすいサービス内容となっています。また、北は北海道から南は沖縄まで全国各地にサロンを展開している為、予定にあわせて通うサロンを変更することもできます。
また見逃せないサービスとして提供されたコースに満足できなかった場合、その料金を返金する全額返金保障や、購入したコースが終了するまでは、無期限でサービスが利用できる点も特徴です。